のんびりと温泉に浸かりたい。

日々の疲れを癒したい。

そう思いますよね。

鶴岡の奥座敷と呼ばれている
湯田川温泉は、ご存知でしょうか。

湯田川温泉は庄内三名湯の一つとなっています。

庄内三名湯は、湯野浜温泉、
あつみ温泉、そして湯田川温泉です。

中でも、湯田川温泉の歴史はとても古く、
約1300年前とも言われています。

和銅5年(約1300年前)、傷を負った1羽の白鷺が葦原に降り、そこに湧いていた湯で傷を癒したと言われています。そのため昔は「白鷺の湯」と呼ばれていました。
古都・鶴岡の奥座敷と呼ばれる湯田川温泉は、庄内三名湯のひとつに数えられ、豊かな自然と人情味あふれる湯の里として知られております。

引用:湯田川温泉・白鷺の湯

湯田川温泉の特徴は、全て源泉かけ流し100%です。

また二つの共同浴場「正面の湯」「田の湯」があるのも特徴です。

共同浴場「正面の湯」概要

共同浴場「正面の湯」
宿泊施設×(旅館有)
営業時間7:00~9:00
11:00~19:00
入浴料金大人200円
定休日なし(9:00~11:00は清掃のため入浴不可)
専用サイト湯田川温泉観光協会

共同浴場「正面の湯」

共同浴場の駐車場

鶴岡駅から車で約20分、湯田川温泉街に着きます。

湯田川温泉と書いてある提灯が見えてきます。

この先から湯田川温泉街。

共同浴場の近くは駐車場は有りません。
別の場所に専用駐車場があります。

提灯が見えてきたところで左に曲がると
駐車場があります。

左に曲がる(湯田川温泉入口)

駐車場は原則無料です。
ただし連泊する場合(3日間以上)1泊につき200円かかります。

*注意点が一つ
地区住民の駐車場があること

地区住民会と表記している場所には
停めないようにしてください。
共同浴場と表記している場所がありますのでそちらに停めます。

地区住民会駐車場スペース(駐車不可)
共同浴場駐車スペース(駐車可)

共同浴場「正面の湯」

共同浴場へ行く前に「入浴券」を買わないといけません。

入浴券は「船見商店」へ行き購入します。
共同浴場へ直接行ってもドアは空きませんので注意

船見商店へ行き券を購入してから
鍵を開けてもらうシステムとなっています。

船見商店の営業時間は7:00~22:00(冬期~20:00)

現在、湯田川温泉にある旅館は9店舗あり、
そのうち日帰り入浴できる旅館は5店舗あります。

旅館によりますが宿泊すると、
200円掛かる共同浴場も無料で入浴できます(つかさや旅館は無料)
この場合は、旅館に伝えると従業員に空けてもらえることができます。

共同浴場の券を買う場所(船見商店)

共同浴場「正面の湯」は船見商店からまっすぐ歩いて1分くらいで着きます。

つかさや旅館の隣にある建物が「正面の湯」になります。

共同浴場「正面の湯」

なぜ「正面の湯」なのか
湯田川温泉街には由豆佐売神社(ゆずさめじんじゃ)があります。

由豆佐売神社から真っすぐ歩くと、正面の湯に着くから
「正面の湯」だそうです。

この通りは、旅館などが立ち並ぶ姿が歴史の重みを感じることができます。

また「正面の湯」の前には足湯「しらさぎの湯」があります。
こちらは誰でも無料で入ることができます。

比較的、ぬるめのお湯でとても気持ちがよいです。

足湯「しらさぎの湯」

「正面の湯」の鍵を開けてもらい中に入ると、小さな脱衣所。
浴場は8帖くらいの内湯が1つのみです。

地元の方も多くいらっしゃいます。

設備はシャワーもありません。
置いてあるのはカランのみです。

シャンプー石鹸、タオルは持参しましょう

外観とは違って、とても明るく綺麗で
お湯は、無色透明。

若干温めのお湯なので、お子さんでも安心して入れる温度です。

湯量が多く、常に綺麗なお湯に入れます。

泉質は硫酸塩泉
硫酸塩泉の効能は鎮静、鎮痛、血圧効果作用に期待できます。

鎮静、鎮痛効果は打身、切り傷、火傷などの外傷。

血圧は降下作用。高血圧症、脳卒中などに期待できると言われています。

硫酸塩泉は「傷の湯」「脳卒中の湯」と呼ばれ
湯治に利用されることが多い泉質です。

源泉かけ流し100%の湯田川温泉。

共同浴場は加温、加水なし源泉100%のかけ流し温泉で200円。
常に綺麗なお湯が出るので贅沢ですよね。

湯田川温泉の共同浴場は2つ。
「正面の湯」と「田の湯」であり、どちらとも200円で入れます。

九兵衛(くへえ)旅館の前にあるのが「田の湯」です。

外観が地元専用の温泉にしか見えませんが、一般でも入れます。
泉質効能は「正面の湯」と同じです。

共同浴場「田の湯」

湯田川温泉は独断評価するまでもなく、おススメな場所!

泉質と効能

泉質硫酸塩泉(旧泉質名:含石膏芒硝泉)
効能脳神経病、眼病、婦人病、神経痛、関節痛、五十肩、
動脈硬化症、冷え性、痛風、慢性便秘、肥満、糖尿病 など

営業時間と料金

共同浴場「正面の湯」
営業時間7:00~9:00
11:00~19:00
定休日なし(9:00~11:00は清掃のため入浴不可)
入浴料金日帰り:大人200円(購入先は船見商店〉

場所とお問い合わせ先

共同浴場「正面湯」
住所:
山形県鶴岡市湯田川丙64
電話:
0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)

専用サイト:湯田川温泉観光協会公式HP
地図:GoogleMaps

アクセス
・鶴岡駅より車で約20分
・鶴岡バスターミナルよりバスで約40分

最後に

湯の歴史が古い湯田川温泉。

傷を負った1羽の白鷺が湧いていた湯で傷を癒したと言われ
昔は「白鷺の湯」と呼ばれていました。

現在は、湯治客として訪れる人も多いようです。

日帰り温泉としても利用できますので
一度、訪れてみてはいかがでしょうか。