こんにちは、Kasumiです。

今回は新三へ行ってきました。

新三は酒田駅の近くにあるため、電車待機時間の間や駅近ホテル滞在している方に立ち寄れることもできます。

とはいえ

お店の雰囲気を知りたい!

という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、酒田・新三の情報から実際に行った感想までお伝えしていきます。

この記事をおすすめする人
  • 庄内在住の濃厚スープを求める方
  • 新三の情報、雰囲気を知りたい方

鶏と豚の白湯スープにサバ節、カツオ節を混ぜて、酒田界隈では珍しい濃厚魚介系スープに仕上がっています。

トロミのあるスープで麺との絡みもよくスルスルといき、食べやすいラーメンでした。

ただし量は少なめ。

ガッツリ食べるのであれば、トッピングなど追加することがおすすめです!

酒田・新三の情報

営業時間月〜金
10時30分〜14時30分
17時30分〜19時30分
土曜のみ
10時30分〜14時30分
定休日日曜日
※臨時休業有り
お問い合わせ先0234-22-7893
場所山形県酒田市駅東2丁目2-10
駐車場あり
アクセス酒田駅より徒歩5分

場所

場所は酒田市駅東にあり、酒田駅より徒歩5分で行くことができます。

駅の出入り口とは反対になりますが、駅近ということもあり、ホテル滞在者にもおすすめ。

駐車場について

店前と横の駐車場になります。

横の駐車場はスーパーのト一屋と一緒になっているため、新三と書かれた場所に停めましょう。

メニュー

メニュー表は下記の通りになります。

  • ラーメン(しょうゆ・塩):700円
  • 味玉ラーメン:800円
  • チャーシューラーメン:950円
  • マー油ラーメン:700円
  • マー油味玉ラーメン:800円
  • マー油チャーシューラーメン:950円
  • つけめん:750円
  • 味玉つけめん:850円
  • チャーシューつけめん:1,000円
  • ゆず塩ラーメン:750円

その他にライス、トッピングなども用意されています。

おすすめは?

おすすめはシンプルにラーメン。

魚介の出汁がしっかりと効いて濃厚なスープになっています。

お店では、マー油らーめん、つけ麵もおすすめ。

支払い方法

現金とペイペイ支払いすることができます。

入り口付近にある券売機で購入します。

ペイペイ支払いの場合は、券売機に掲げてあるQRコードを読み取り、スタッフにペイペイ支払いと伝え清算する仕組みとなっています。

酒田・新三へ行った感想

休日のランチ前に寄ってみました。

すでに数台車が停まっており店内にお客さんもチラホラ。

店内に券売機があるため食券を購入します。

横に雰囲気の写真も貼ってあるため選びやすいかと思います。

今回はラーメンのみでチョイス。

スタッフにお好きな席と言われたので、着席します。

店内は小上がりテーブルが二つとカウンターのみとなっています。

清潔感もあります。

満席の場合は、店内後ろに椅子が用意されているため待つ仕組みでした。

水はセルフサービスです。

トッピングしたいなと思った場合でも、スタッフに伝えると追加することができます。

卓上には上記の1つのみとなっています。

新三のラーメン

こちらが新三のラーメン。

具材はチャーシュー3枚にメンマ、ネギ、ノリが入っています。

チャーシューは独自のタレでしっかりと煮込んでおり柔らかいです。

口コミの写真とは違い色が濃いのが気になりましたが、、

スープは鶏・豚の白湯スープに魚介系(カツオ節など)

東京や横浜の動物系スープに近いのに、一口飲んでみると魚介系の出汁が効いています。

口の中に残るクドさなどなく、飲みやすいスープです。

中太ストレート麺でモチモチとした力強く触感が良いです。

麺とスープの絡みが食がかなり進みます。

残念だなと思ったのは、量が少なかったことくらい。

ガッツリ食べたい方は大盛りサイズにしておくと良いかもしれません。

濃厚でありながらクセも強くなかったため、庄内に住む若い方に好みそうなラーメンです。

最後に

酒田にはない味のため、非常に面白いと感じました。

新三は酒田駅にも近いため、電車の待機時間の間にも寄ってみてはいかがでしょうか。

個人的にはマー油ラーメンも気になったので、また行ってみようと思います。

今回は以上です!

この記事で紹介した新三の情報

営業時間月〜金
10時30分〜14時30分
17時30分〜19時30分
土曜のみ
10時30分〜14時30分
定休日日曜日
※臨時休業有り
お問い合わせ先0234-22-7893
場所山形県酒田市駅東2丁目2-10
駐車場あり
アクセス酒田駅より徒歩5分