酒田市両羽町の工場地帯にある『食堂・あづま』

昔ながらの営業しており、昭和感が漂うお店です。

ワンコインから食べれる焼きそば、様々な定食までありコスパも良く、家庭的な味を楽しめます。

朝7時からオープンしており、職場へ行く前に立ち寄る方も多いとのこと。

今回は酒田・あづま食堂の雰囲気や感想をお伝えします。

酒田・あづま食堂の情報

営業時間7時~19時(月曜日~金曜日)
7時~14時(土曜日)
定休日日曜日
お問い合わせ先0234-26-4942
場所山形県酒田市両羽町1-27
駐車場店の向かい
アクセス酒田駅より車で約10分
地図GoogleMaps

駐車場について

駐車場はお店の向かい。

未舗装で満台になることはありませんが、上記の画像のように停めておくことが良いでしょう。

メニュー

主なメニューは以下の通りです。

  • 焼きそば:500円
  • チャーハン:500円
  • 肉野菜定食:650円
  • ホルモン焼き定食:650円
  • 生姜焼き定食:650円
  • 焼肉定食:650円
  • 肉ピーマン定食:650円
  • レバニラ定食:650円
  • 肉ニラ定食:650円
  • サバ味噌煮定食:700円
  • カツ定食:700円
  • アジフライ定食:700円
  • カキフライ定食:800円
  • メンチカツ定食:800円
  • ヒレカツ定食:900円
  • カツ煮定食:900円
  • エビフライ定食:1,000円
  • 特製カツ定食:1,200円
  • 特製エビフライ定食:1,500円

※2021年6月時点での価格

定食以外にも、麺類、丼物も提供しています。

酒田・あづま食堂の雰囲気・感想

工場地帯の中に突如現れるあづま食堂。

早朝7時から営業していることもあり、地元の方を始め、現場で働いているかたに親しまれて常連客でにぎわうお店。

店内はテーブル席と座敷まで用意されています。

メニューはカウンター上に掲げられており、定食物メインです。

定食でも650円~と良心的な価格であり、お財布に優しい。

この店で一番気になったのが、レトロなゲーム機。

1980年代に流行ったゲーム機の上でも食べれるのは、酒田だけかもしれません。

卓上にはソース、醤油、コショウ、塩が用意されています。

肉野菜定食

こちらは肉野菜定食です。

肉野菜にご飯、味噌汁、漬物を合わせて650円なら贅沢な一品。

ご飯の量はやや少なめのため、ガッツリ食べたい方は大盛りを頼んだ方が良いです。

野菜メインの炒め物となっており、野菜不足の方には嬉しい。

塩・コショウで炒められた野菜はシンプル。普通の味付けではありますが、良い意味で家庭的な味です。

他の方は『焼きそば・大盛り』を注文していましたが、麺2玉の量でくるため、ボリューム満点。

夫婦二人で運営しているため、この先どうなるかはわかりませんが、いつまでも元気に営業してもらいたいと願っています。

最後に

あづま食堂は、口コミなどでもあまり知られていませんが、家庭的な味を楽しめるお店。

お世辞にも店内キレイとは言えませんが、今までの歴史・古き良き昭和の食堂を思い出させてくれます。

ローカルな定食屋が好きな方におすすめしたいお店です。

興味のある方は寄ってみてください。

この記事で紹介した酒田・あづま食堂の情報

営業時間7時~19時(月曜日~金曜日)
7時~14時(土曜日)
定休日日曜日
お問い合わせ先0234-26-4942
場所山形県酒田市両羽町1-27
駐車場店の向かい
アクセス酒田駅より車で約10分
地図GoogleMaps